体験学習チェック②

短気で高圧的な家庭教師

体験学習を通してチェックできる内容として、これも講師の性格的な部分になりますが、短気かどうかという観点があります。親であれば、自分の子供の勉強を見ていて、どうしてこんな簡単なことがわからないのか…とついつい苛立ってしまった経験があるのではないでしょうか? 自分の子供であるが故に、ついつい厳しい目で見てしまうためでもあるでしょう。

しかし、家庭教師がこれと同じように、子供がなかなか理解してくれないからといって、苛立っているようではプロとして失格です。むしろ子供が理解してくれないのは、自分の教え方に問題があるのではないかと反省できるだけの謙虚さが必要です。確かに、同じように教えても、すぐに理解してくれる子供となかなか理解してくれない子供がいます。しかし、そうした子供であっても何とか理解できるように導くのが家庭教師の仕事です。

また、前回教えた内容をすぐに忘れてしまう子供もいます。そうした子供に対して、「前に教えただろうと」恫喝するようではダメです。前に教えたことを忘れたかのように、同じ内容をさらに丁寧に教えるだけの心の余裕が必要です。

ですので、体験学習のような短期間の授業のなかで短気な面や高圧的な態度を示すようでは、あまり優秀な家庭教師とは言えませんのでご注意下さい。子供が萎縮してしまって、恐怖心を懐きながら勉強するようになってしまい、伸びるものも伸びなくなってしまいます。子供の心は、大人が思っている以上に繊細です。

優しすぎる家庭教師

一方、上記とは逆のパターンになりますが、優しすぎて、子供を甘やかしてしまう講師にも要チェックです。このタイプの講師は子供には好かれやすいのですが、次第に子供が講師を舐め始めて、宿題をやってこなくなったりするようになります。

ですので、優しい中にも一定の厳しさを持った教え方のできる家庭教師が理想です。限られた時間の体験学習の中だけではなかなかわかりませんが、実際に教わるようになってからでもいいので、完全に任せてしまうのではなく、子供の様子をチェックしながらその都度講師に要望を伝えるようにしましょう。

時間にルーズでないか?

<関連コンテンツ>

家庭教師検索サービス

自宅近くの家庭教師を探すなら、以下の情報サイトがお勧めです。自宅近くにある家庭教師会社をピックアップし、料金などを比較してくれます。さらに、体験学習も受講できるので、子供に合った家庭教師を簡単に探せます。

<家庭教師を探す>

タウンライフ塾さがし(家庭教師特集)

<注目ポイント>
1.料金プランを比較できる
2.体験授業を受講できる
3.子供に合った講師を探せる